和製英語に気をつけて、ネタにしてもいいでしょう。

和製英語に気をつけて、ネタにしてもいいでしょう。

私たちの国、日本にはカタカナという文字があって、これを使うとなんか外国語を表現できていると思う風潮の様な物が存在します。また、更にアルファベットを使ってみると、それだけで立派に英語になっている錯覚に陥ることも多数あります。

 

 

 

従って、良いとか悪いは別の問題として、英国圏のネイティブな人には絶対に通じない「日本語英語」と言う単語があります。全く気が付かない英単語の組み合わせで、まったく違う意味だったり、組み合わせ自体がありえないものもあります。

 

 

 

しかし、これは日本人にとっては、大変見分けたり、間違いを指摘することはとても困難なことです。まず間違えた使い方の文書、フレーズがあることだけは認識しておきましょう。たとえば、チャームポイントは英語には全くないフレーズです。

 

 

 

また、オフセールのようなコピーも見かけると、何を売っているのと聞かれることもありますね。さらに、現代は略語の氾濫にも手を焼きます。そして略語にすると、正式に英語の単語の頭文字を使っていて、通じると勘違いも置きやすいです。

 

 

 

ですから、英語の番組は書籍などで知った和製英語の内容は覚えておいて、なるべく使用しないように心がけておくことにしましょう。「禁止」とすべきではないとしても、本当にどれが正しいか、間違いは何なのかを見極めておけば、ネイティブな人との英会話では話題としても取り上げると、いいネタになるかもしれません。

 

 

 

どしどし質問しても迷惑にならない限りはいい機会かも知れませんし、加えて表現力を加速的に進歩させる手助けにもなります。