英語の歌をどしどし覚えていきましょう。

英語の歌をどしどし覚えていきましょう。

随分昔からよく云われて、多くの人に使われてきた有効な英語を覚える方法だと云われているのが英語の「歌」です。ジャンルは問いません。ロックやヘビメタでも一向に構わないとおもいます。

 

 

 

しかし、最初はフォークソングや緩やかな歌詞のものから始めるといいと思います。インターネットで簡単に歌詞をダウンロードしたり、楽曲購入サイトではこれらリリック付きで購入できて、MP3プレーヤーにそのまま移す事ができますから、歌詞を見ながら曲を聴くことも簡単です。

 

 

 

まず、すこしずつ区切って聞き取り、口真似のように歌っていけば、自身がシンガーになったように気分もいいですし、カラオケではヒーローになれるかもしれません。有名なタレントで、日本人のはずがとてもネイティブな発音な方がおられます。

 

 

 

 

DJとしても今も現役でおられ、この方は海外生活で勝ち取った綺麗な発音ではなく、歌で鍛えたと聞きます。ですから、いちいち歌詞と首っ引きではなく、まずは口真似の様に謳ってみましょう。知らない単語、聞き取りにくい単語でも、我慢して雰囲気とイントネーションを真似て謳ってみます。

 

ネット英会話のホームページ

 

何回も聞いて、真似てみると、耳が鳴らされてきて、最後には正確に発音も、スペルも浮かんでくるかもしれません。ここでも、『あせり』は禁物だと心得ましょう。詩に使われる語句はとても頻繁に英会話で使えるものが多いです。

 

 

 

時には分語調の格式高い言葉や表現に出会えるかもしれません。中にはスラングもありますが、失際に使ってみて相手から指摘された場合は、その時初めて使わないようにして覚えれば、実践的で最高の効果の上がる方法なのです。ここでも、失敗を恐れないでやってみればいいとおもいます。