簡単に文書を短く作る癖を付けましょう。

簡単に文書を短く作る癖を付けましょう。

我々が英語にして自分の云いたいこと、伝えたいことを考えて英文を作り出そうとすると、凄く難しく考えることに気が付きませんか?まず、日本語で何を言おうとするかを頭に浮かべる、あるいはメモをとる。そしてそのままを英文に直そうとする。

 

 

 

つまりこれが間違いの基で、言い換えると溝を深くしてします原因だと認識しましょう。まず、手始めに箇条書きの様ななるべく短い文章を作ることを心がけることです。日本語の言葉と、英語は文脈の作り方違いますから、結局はどう訳そうかと最初に戸惑って、間違えると云うことに気が付くことです。

 

 

 

 

会話中に日本語考え、反論をしようとする、あるいは説明をすると、得てして歪曲的な、回りくどい表現になります。すると、自分でも訳が分らなくなるケースも頻繁にあります。まず、落ち着いて整理して、単純に考えて行くことを心がけましょう。これは一種の訓練の様にして行くと身についていきます。

 

 

 

また、日本語はとても受動的表現を多用することも気にしてください。従って頭に浮かんだ我々の文書をそのまま英語に直そうとすると、とても複雑で難しい表現を使うことになります。実際に契約交渉の場で、単純に日本語のまま英語で伝えて大混乱したことがあります。

 

 

 

従って、時には主語を入れ替えてみて考え、そして英文を組み立てます。するとすっきりと言い表せて、返って自分自身も考えがまとまるかもしれません。また、直接的表現によって相手にすんなり主旨が伝わります。英会話は、ディベートでもスピーチでもありません。

 

 

 

ごく自然体でやりとりする文書ですから、単純化した短い文書の組み立てで、十分成り立ちます。