口真似で簡単に習得してしまう方法。

口真似で簡単に習得してしまう方法。

英語を習おう、英会話が上手くなりたい、それもできるだけ早く実現したいという欲求は理解できます。しかし、受験勉強の様に一夜漬けではみになりません。言葉は、なにより繰り返し、諦めずに続けていくことで、ある日気が付くとびっくり、が現実です。

 

 

 

そして、英語らしい表現を身に付けたい、自然に出てくるようになりたいと思うのも、とても自然なモチベーションとして歓迎されるべきです。これには、教室でならうより、またイディオム集や参考書でならうより、手っ取り早い方法が幾らでもあります。

 

 

 

それは、ネイティブスピーカーの話すこと、会話していることを「パクル」ことなのです。こう表現すると、何やら胡散臭く感じますが、小さい頃お母さん、親達のいいまあし、友達から教わったフレーズなどを真似て、びっくりされた経験は誰でも持っているはずです。

 

 

 

つまり、これを英語版に置き換えるだけなのです。現在はとても手軽に日本でも視聴できる英語のニュースやドラマ、映画、あるいはYouTubeなどのストリーミングで聞こえてきたフレーズを繰り返してみると、気分的にその場に溶け込んでネイティブに英会話しているように感じられます。

 

 

 

そこで覚えたのとほぼ同じ場面が現実でも必ずやあります。これは正に使える英会話教室なのです。時には覚えた背景、土地などでスラング的に使われる語句や、汚い表現もあるかもしれませんが、そこは知恵を使って言い換えてみるようにすると、より深みが出てきます。

 

 

 

ごく稀ですが、私は何度はこんなケースがあった経験があります。つまり、どんな人も同じように英会話を繰り返ししているのだと気がつくでしょう。