綺麗に発音することは優先順位は低いです。

綺麗に発音することは優先順位は低いです。

英会話に限ったことではなく、全ての外国語はある言語以外は日本語から見ると、舌の使い方、口の形、そしてイントネーション、アクセントと、際限なく困難な言葉があります。そして、殆どの英会話の時間帯を発音に費やす、これは自然とはいえますが、その前にやれることは沢山あるといえるでしょう。

 

 

 

もちろん、綺麗に発音すること、練習することは大切で、なにもないがしろにしようと、お薦めしているのではありません。最低限区別して発音するように心がけることは、忘れてはならないと思います。

 

 

 

しかし逆説的に考えて、欧米でも中華圏でも英語で会話する機会がたくさんありますが、その時必ずしも正確な発音でなくても成り立つケースの方がとても多い、或いはネイティブ発音を聞くチャンスは皆無に近いと理解すると、スーッと気持ちが楽になります。

 

 

 

つまり、人との会話ですから、その人の心、やりたい事、伝えたいことをしっかり理解する、それに英語をとりあえず使っているだけなのだと考えましょう。実際には発音がおぼつかない通しでも立派に会話、意思疎通が成り立ちますし、正式な取引を行う、問題の解決も出来ます。

 

 

 

 

また、英語を母国語としている国でも、地方によるアクセント、イントネーションも異なり、聞き取りにくい、通じにくいことも正直たくさんあります。しかし、意地悪な相手でない限りは短時間で真意を伝達も可能ですし、それで問題になることも殆どありません。

 

 

 

ですから、正確な発音を心がけることは、それに越したことはないですが、あまりにも優先させると会話が成り立たちの阻害要因にならないようにも気をつけましょう。